エンブレム|ホテル&リビング | 東京, 箱根 > Blog > Kanazawa Blog > エンブレムステイ金沢:イベントレポート SPICE WORKSHOP

エンブレムステイ金沢:イベントレポート SPICE WORKSHOP

エンブレホテル株式会社は、エンブレムステイ金沢(所在地:石川県金沢市尾張町1-2-8、以下「本施設」)の業務委託契約終了に伴い、2020年11月30日をもちまして、本施設の営業を終了致しました。
本施設運営におきましては、皆さまにご愛顧賜り誠にありがとうございました。
ご厚情に従業員一同、心よく深く感謝申し上げます。

6月3日に、エンブレムステイ金沢のシェアキッチンでスパイスを使ったワークショップを開催しました。今回はそのイベントレポートです。

イベントゲストは出張料理人、フードクリエイターとしてご活躍されているR!CE FOOD DESIGNの山本理世さん。山本さんは石川県を中心に活躍されていて、オーガニック食材を使ったビーガンフードやスパイスを使った料理のワークショップなど、幅広く活動されています。

今回のイベントではスパイスを用いてトマトソースを使ったミートボールを作っていきます。

まずはスパイスの基礎知識についてまなびましょう!

スパイスというと辛い料理ばかりを思い浮かべてしまいがちですが、実は様々な食材で使用されているとても身近な食材です。

今回はローレル、パプリカ、クローブ、オレガノ、シナモン、クミンについて、味・香り・特徴を一つ一つチェックしていきます。

スパイスのチェックが終わったので、実際にトマトソースを作っていきます。ここからは2チームに分かれ、作業を進めていきます。玉ねぎの切り方から丁寧に教えてくれる山本さん。切り方を工夫するだけで目が痛くならないのは普段調理をする時から実践できそうです。

スパイスを加えていきながら、少しずつ味見をし、トマトソースを煮込んでいきます。

山本さんによると、スパイスの量は自分の好みに合わせた量でよいそうです。スパイスを嗅いだ時に自分が感じる匂いは、その時に自分の体が欲しているものは何なのかを知る手段になるそうです。 スパイスについてより知っていくと、ただ単に美味しいものを作れるようになるだけでなく、自分自身のことを知ることになるのですね。

好みの味に落ち着いたところで、瓶に詰めて完成です!

今日のワークショップのお土産用のトマトソースが完成しました。

次にミートボールを作っていきます。

粗挽きのお肉を使うことで食べた時に肉感がでます。

一口サイズに丸めて、揚げれば完成です。

最後はテーブルをセットし、みんなで試食。

トマトソース・スパイスの香り・ミートボールの組み合わせはばっちりでした。

いかがでしたか?

ワークショップを通してスパイスについてただ学ぶだけでなく、スパイスの存在をより身近に感じることができました。「学んだものをその場だけで終わらせるのでなく、実際に日常の料理で使えるものにしてもらいたい」という山本さんの想いが体現された心が温まる素敵なワークショップでした!

Event Guest

山本理世  R!CE FOOD DESIGN   出張料理人 / フードクリエイター

オーガニック野菜を使った創作スパイス料理を得意とする。 2017年にR!CE FOOD DESIGNを設立しvegan料理と空間デザインを融合、楽しい食体験を提案。 ケータリング、料理教室、フードクリエイションなど多岐に渡り活動。(Instagram:@rise_rice)

Interviewer

松下秋裕 エンブレムホテル株式会社 マーケティングマネージャー

学生時代に国際政治学を学ぶため、旧ソ連の小国、エストニアに1年半留学。
世界中で面白い場やコミュニティーを創りたい、という想いから不動産業界に入ったものの、気がつけばお隣のホスピタリティ業界へ。エンブレムホテル一号店の立ち上げに参加し、現在に至る。